弱酸性次亜塩素酸水溶液導入サポートのJML株式会社

集団感染・食中毒被害による損失は?

もしも、大規模の食中毒や集団感染が発生した場合、企業は様々な損失を被ることになります。
初期対応として「製品やサービスの提供停止・回収」があります。
製品を提供している場合は回収費用や広告費などが必要となります。
二次的な対応としては「損害賠償請求」「営業停止」などの措置にかかる弁護士費用や賠償金、営業停止による人件費や通信費、債務の支払いが出来ない状態になり、企業経営そのものにも影響する恐れがあります。

集団感染や食中毒事故は企業経営を侵食

次亜塩素酸水溶液キングパワー

集団感染や食中毒事故は、企業にとって二次的な損害として「ブランドの低下」による売り上げの低下をはじめ、風評被害の拡散、ネットでの書込みなどは何年にもわたって掲載され続ける可能性もあります。
集団感染の被害は、感染した被害者の身体的な苦痛のほか、企業の経営環境においても大きなダメージとなっています。特に食中毒事故は、単年度で回復するものではなく、長期にわたって企業経営を侵食しかねません。

事業継続のリスクの拡大を防ぐ

食品業界における食中毒事故は、一時的な損失のほか継続的な二次被害(損失)につながる恐れがあります。万が一、事故が発生してしまった場合でも企業内で衛生環境を構築していた企業とそうでない企業では損害賠償請求の額も違ってきますし、ブランドの回復にも影響が出てきます。
事業を継続するにあたり、様々なリスク回避が必要ですが、企業の衛生環境の構築というリスク回避については、認識が低い企業が多い状況です。

次亜塩素酸水溶液キングパワー
KING POWERとは?|ジャパンメディカルリンク
JIA KINGについて|ジャパンメディカルリンク
購入・追加注文はこちら|ジャパンメディカルリンク